コラーゲンマシン

コラーゲンとは?

pic_titimg1

コラーゲンが減るとどうなるのか?

美容界で、昔から注目されているコラーゲンは、タンパク質の一種なのです。実はコラーゲンを作る肌細胞は年齢と共に衰えていきます。特に20歳あたりから急降下し、40歳あたりからはほとんど作られなくなります。すると、真皮がスカスカの状態に。ボールの空気が減るとしぼんでしまうように、肌もしぼんでハリと弾力がなくなります。つまり、笑ってできたシワも、コラーゲンが十分でないとクッキリとしたほうれい線ができたり、重力の力に負けてたるんだり、様々な肌老化を引き起こすのです。

コラーゲンを生成する仕組み

「コラピア」のLEDランプから照射される、赤と黄色の可視光線が肌の奥まで浸透。細胞を刺激してお肌を若々しくするコラーゲンの生成を促します。
コラピアにより、気になるところを集中して光をあてると、その範囲のコラーゲン量が増し、重力により下がっていた筋肉や皮膚との接着力がUP、結果、短時間でリフトアップします。

pic_damage

pic_repair