コラーゲンマシンに入ってもスッキリしない方は、栄養不足かも!?

皆さんこんにちは、コラーゲンマシンインストラクターの早坂です(*^^*)

皆様3連休はいかが過ごされましたか(^^)?
私は来週のバレンタインに向けて下準備を姉&甥っ子としていました〜♪
IMG_1823

4歳の甥っ子も凄く頑張りました♪何かを創り出すというのはとってもワクワクしますね。(甥っ子がしているベイマックスエプロンも私が作成したものです。笑)
ちなみにこれは装飾用のアイシングクッキー!
私のバレンタインは毎年糖度高めです。(笑)
イベントはとことん楽しむ!のがモットーの早坂です(*^^*)✨

 

 

さてさて、先日きょんちゃん(早川)の記事であった↓こちらは皆さんご覧になられましたか?

633nmのランプでセロトニン分泌UP?!

という記事なのですが、記事内にもあるように、”幸せホルモン”と呼ばれるセロトニンをしっかり分泌するには、光がとっても大切です!

なので、コラーゲンマシンに入るとなんだかすっきり!疲れが取れた!元気が出る!という方が増えるのはどうして?というご質問をよくいただくのですが、これはコラーゲンマシンの強い光のパワーによるもの!
セロトニンが不足すると倦怠感がなんとな〜くあったり、ちょっとしたことでイライラしやすくなったり…なんだかモヤモヤすることが増えてしまうのですが、光を浴びてセロトニンさんがジワジワ増えると、自律神経が整ったりとそれだけでもストレスの緩和になり、倦怠感もスッキリするというわけです(*^^*)

 

セロトニン分泌には光が大切!!でも、【コラーゲンマシンに入ってもスッキリ感がない…】という人は・・・?!

いらっしゃいます(T_T)💦
おつかれ溜まりすぎですよ〜(T_T)と心配になってしまいますが、実はセロトニンを上手く分泌できていない可能性もあります。

 

というのも、セロトニン分泌には勿論光がとっても大切なのですが、もう一つ、とっても大切なものがあります。
※セロトニン分泌の活性を促すには光の他に運動習慣・スキンシップなどが大切と言われていますが、セロトニン合成において重要という面でお話しさせていただきます!

 

それは…

ずばり 食事!!

セロトニンを体内で作るためには大切な栄養素があるんです。

まず、最も大切なのは必須アミノ酸の一種であるトリプトファンです。
聞いたことございますか?

●トリプトファンが摂れる食材は…
・豆腐、納豆、味噌、醤油、豆乳などの大豆製品
・牛乳、ヨーグルト、チーズなどの乳製品
・卵(鶏・魚どちらでも!)
・ナッツ類
・海藻
・バナナ
・アボカド
・トマト

・・・などです。

トリプトファンは、たんぱく質に多く含まれています。が!動物性のたんぱく質はトリプトファンが血液から脳内に移動するのを阻害すると言われていますので、セロトニン分泌という目線から考えると肉類よりも、魚や豆類などからの摂取が望ましいです。

 

次に 炭水化物です。
炭水化物は、トリプトファンからセロトニンを合成するのに必要なエネルギー源となります。
なので、数年前から流行の【糖質制限】を、間違った方法(ただひたすらに糖質を食べない)などで続けてしまうのは、身体的健康だけではなく、精神的健康の面から見ても危険があるんです;;

●炭水化物を含む食材…は、ご存知の方も多いですかね(^^)
・ご飯、麺類、パンなどの穀類
・いも類

などですね。栗やバナナ、マンゴーなどの果物にも意外と含まれています。

 

そして、ビタミンB6
ビタミンB6はセロトニン合成を促進させるために重要です。

●ビタミンB6を多く含む食材は…
・サケ、サンマ、イワシ、マグロ、カツオ、サバなどの魚類
・バナナ
・にんにく、しょうが
・大豆、ヒヨコ豆、レンズ豆などの豆類

…などです。

 

これらの栄養素の含まれる食物をきちんと摂取していると、セロトニンの分泌が整うのです。

ご飯などの主食にサケやカツオなどの焼き魚、海藻の味噌汁&アボカドトマトサラダ!!なんて具合で。(笑)

上記のような献立で違和感が全くないように、3つの栄養素が含まれた食材は結構日常的に摂られている方も多いのではないでしょうか?
日本人は特に大豆製品を摂りやすい環境なので無理なく、そして意識的に摂取が可能なので嬉しいですね♪

お疲れが取れなくなってきた方、なんだかモヤモヤする方…一度食事を見直してみましょう!
そして、光を浴びましょう!!
※因みに…勿論太陽光で大丈夫なのですが、女性には嫌〜(T_T)な、紫外線!を避けて元気活性できるのがコラーゲンマシンです♪

どうしても忙しかったり手間がかけられなかったり、ご家族の手前毎日は…などという場合は…?

そんな方には、バナナです!!(笑)

お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、バナナには【トリプトファン、炭水化物、ビタミンB6】の全てが含まれていますので、お忙しい方には手軽でぴったりです♪
しかーし!エステティシャン出身者としては一つ警告

バナナは南国のフルーツです。元々、暑い南国では身体を冷やすためにフルーツを食べていますので、冷え性の方やダイエット中の方は、適度に食べましょう!何事も食べ過ぎは注意!

例えば毎朝バナナ〜 ではなく、ゆとりのある朝はご飯とお味噌汁に変えるなど♪
一工夫を加え、とにかく続けていくのがポイントです!
炭水化物とは言ってもパンご飯はあまり夜に食べたくない…という方は、食物繊維も豊富なお芋を食べてあげましょう(^^)

私は3~5日分程のお弁当や晩御飯のおかずを作り置きしているのですが、お芋は毎週煮てます。(笑)

IMG_0637

IMG_1361

せっかくなので放置で簡単なさつまいものレモン煮をご紹介します(^^)

 

【材料】
・さつまいも 1本
・レモン汁 小さじ2
・砂糖   大さじ3
・はちみつ お好みでティースプーン一杯
・お水   適量

【作り方】
①さつまいもを食べやすいサイズに切り、ひたひたのお水に晒す(アク抜きです!) 約10分程!その間に他の料理の準備です!
②鍋にさつまいもが浸かりきる程度のお水を入れ、中火にかけます。
③沸々としてきたら、全ての調味料を入れ、水気がなくなるまで弱火にかけて 完成です!

レモンで鮮やかな色になるので食卓も華やかになり、肌も良し!腸にも良し!精神面にも良し!
放置していてでき、お子さんも食べやすく、日持ちもかなり良し!(笑)

 

是非取り入れてみてください〜(^^)

食事から楽しく♪光で元気に♪

 

最近どんよりお疲れ気味の方、ゆっくりコラーゲンマシンで休み、元気チャージしましょう!!

それでは本日も最後までお読み頂きましてありがとうございました(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です